「ほっ」と。キャンペーン

ほっこり かぼちゃの炊いたん

こんにちは。

「おしゃれ」で「おいしい」
気分がググッとあがるそそる料理を作りましょ。
元ファッションデザイナーの料理家、
金子ふみえです。


けさ早くに父が腹痛を起こし、
生まれてはじめて救急車に乗ったんですけど、
救急隊員の方が優しくて、
ほんとうに助かりました。
それにしても早朝5〜6時すぎって、
タクシーを呼ぶことができないんですね。
ちょうど交代時間帯らしく
車の手配ができないと断られるか、
電話が繋がらないかでした。
緊急事態の時に車を呼べないというのは、
不便だなぁ。
なんて思った朝でした。
おかげさまで大事に至らず、
でしたが、
手術を検討しなくてならないようです。


まあ、いろいろありますけど、
1日の終わりにはゆっくり一献といきたいし
おなかも空くわけでして、
今宵のおつまみはかぼちゃの炊いたん。
父とお買い物に行ったとき、
かぼちゃが食べたいと申しまして。
父がかぼちゃ好きだったなんて、
知らなかったなぁ。


f0235919_15273430.jpeg


*かぼちゃの炊いたん

ひと口大に切ったかぼちゃを
昆布水・しょうゆ・砂糖でコトコト煮る。


かぼちゃの炊いたのは、
しっとり派とホクホク派にわかれますが、
わたしは後者派。
とくに実と皮の間のところが好きです。

かぼちゃの旨みをいかすため、
昆布でおいしさを底上げして
あとはシンプルにおしょうゆと砂糖だけ。
これだけで十分おいしくなりますよ〜

さて今夜は、
焼酎なんていただいちゃおうかしら。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



遅くなりました!
1月のF+kitchen cooking workshopのお知らせ。



f0235919_07360095.jpg


 『冬のあったか料理』
   ・春菊とりんごのサラダ
   ・にんじんポタージュ
   ・チキンとオリーブの白ワイン煮
   ・こしょうめし

*日時
 <リタルダント / 保谷>
  1月15日(日) 10:30〜14:00 
  1月19日(木) 10:30〜14:00 

 <自宅 / 経堂>
  1月16日(月) 11:00〜14:30
  1月16日(月) 19:00〜22:30
  1月22日(日) 11:00〜14:30
  


*場所
 <リタルダント / 保谷>
  最寄駅:西武池袋線 保谷駅:徒歩5分

 <自宅 / 経堂>
  最寄駅:小田急線 経堂駅:徒歩8分
      

*参加費:¥5,500-


寒さが本格的になる1月。
お鍋でコトコト作るあったか料理はいかが?
フランス家庭料理のチキンの白ワイン煮をメインに、
春菊やにんじんが苦手でもおいしく食べられる
春菊のサラダやにんじんポタージュ
やみつきになる人続出のこしょうめしも登場します。
みんなでわいわいお料理をして、
たのしいランチを過ごしましょ。
レシピ・自家製デザートつき。


<リタルダント>のお申し込みは、

<自宅>のお申し込みは、
こちらかコメント欄にお願いします。



みなさまのご参加を、
心からお待ち申し上げております。



オーダーメイドのcooking workshopも
随時受付ちゅう。
お問い合わせは、こちらまで。
みなさま、ヨロシクです。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





けさの雪景色。


f0235919_15485389.jpeg


けさは帰省してはじめての青空!
マンションの駐車場の雪かきは、
このあとショベルカーでの除雪になって
昼すぎまでつづきました。
雪国って、たいへん


さあ、きょうも笑顔でカンパイしましょ。




ELLE ONLINEにてレシピ公開中。
わが家の極小キッチン公開!


毎週土曜日更新の全6回。
OZモールの連載もどうぞおたのしみに!


FB上で連載している[ふみえ食堂]も、ヨロシクです。

 






遊びにきてくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加中。
励みになりますので、ポチッと、よろしくです!






足あとも残してもらえると、とってもウレシイです♪


にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


今日も最後までおつき合いくださって、ありがとうございます!
コメント、楽しみに拝読しています♪
ぜひ、ひと言ヨロシク☆


[PR]
by fumie660823 | 2016-12-30 16:00 | 野菜料理 | Comments(0)

食べること、飲むこと、作ること大好き!   ココロとカラダが喜ぶ ごはんめざして、   日々奮闘中♪       そんなわたしの  日々のできごと。


by fumie