新わかめとワラサのしゃぶしゃぶ

こんばんは。



ひとりの時も

ふたりの時も

みんなと一緒の時も

真ん中においしい料理があるとシアワセ❤️


おいしい笑顔が広がれば、

食卓から世界平和だって夢じゃない❣️


“魔法の水”昆布水を使って世界の料理をつくる

”今はまだ” おひとりさま料理家の文恵です。



しばらくの間

InstagramとFacebookの方に投稿していて、

こちらはすっかりご無沙汰になっちゃった

妄想彼氏料理帖。

再びこちらにお引越しして再STARTします。


さて今回は

今がまさに旬の新わかめが登場です。




【新わかめとワラサのしゃぶしゃぶの巻】


「なんか春って、食べたいもの満載だよね〜」


なんて、どの季節でもそうなのだけれど、

とにかくウキウキしちゃうものが多い。


新わかめとワラサのしゃぶしゃぶ_f0235919_19015973.jpeg


きょうも

毎年たのしみにしている新わかめが届いて、

思わず鼻歌を歌いながら水洗い。


「わー、なにこれ!

 わかめってこんなに大きいんだ。」


キッチンに入ってきたユヅルくんに

生わかめを持ち上げて広げて見せたら、

驚いてる。

そうなんだ、本当に大きい。

でも、

ことしの安楽島産はいつもより小ぶり。

1月まで

はすくすく育っていたわかめちゃんたち、

なんでも2月以降海流の変化で

低栄養の潮が入ってきて、

育ちが悪くなったのだとか。

都会にいると感じにくいけれど、

こうして自然環境の変化を

目の当たりにする機会があって、

しかもおいしいっていうのは、

なんて素敵なことだろう。ね、ユヅルくん。


「今夜は、一緒に送ってもらった

 ワラサとわかめしゃぶしゃぶだよ〜」

「僕、わかめしゃぶしゃぶ初めて!

 たのしみだなぁ❣️」


そうかそうか、

きっとおいしさにびっくりするよ。


今宵は焼酎ソーダにするんだって、

ユヅルくんはお酒の準備をしてくれてる。

生わかめとワラサのほか、

長ねぎと大根を切って鍋の準備万端。


新わかめとワラサのしゃぶしゃぶ_f0235919_19022101.jpeg


鍋の昆布水が沸いてきたら

長ねぎと大根を入れて再び沸くのを待つ。


「さあ、食べよう‼️」


褐色のわかめを鍋でしゃぶしゃぶすると

美しい緑色に。


「すごっ!」


ユヅルくん、目を丸くしてる。

そして、

自家製橙ぽん酢をつけてパクリ。


「!!!」


丸くした目がさらに大きくなった!


「おいしいっ

 これ、すごくおいしいよ。」


だよね。

わたしが毎年たのしみにしてるの

わかるでしょ〜

しめしめファンがひとり増えた。

来年も一緒にたのしめるといいな。





オマケ


新わかめとワラサのしゃぶしゃぶの〆は、

雑炊。


新わかめとワラサのしゃぶしゃぶ_f0235919_19152337.jpeg


鍋に残った汁にごはんを入れて

しばし煮たら、

ぽん酢で味を整え

ブラックペッパーをガリガリッと加える。

小ねぎを散らしてできあがり。


これが、すこぶるおいしい。

ぜひお試しを〜❗️





++++++++++++++++++++ 

いち早く

料理教室やイベントのお知らせをしたり、

ちょっとした料理のコツなどを

公式ラインアカウントで配信しています。


👇ここをクリック❗️



ただいまご登録いただいた方に、

簡単おつまみ

レシピと動画を

プレゼント!!

ぜひ、ご登録してくださいね〜


++++++++++++++++++++






ELLE ONLINEにてレシピ公開中。


わが家の極小キッチン公開!
    ⬇︎  
新しいキッチンを紹介していただいてます❗️

毎週土曜日更新の全6回。
OZモールの連載もどうぞおたのしみに!


FB上で連載している[ふみえ食堂]も、ヨロシクです。


by fumie660823 | 2022-03-23 20:00 | 魚介料理 | Comments(0)

食べること、飲むこと、作ること大好き!   ココロとカラダが喜ぶ ごはんめざして、   日々奮闘中♪       そんなわたしの  日々のできごと。


by fumie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30