人気ブログランキング |

2011年 03月 29日 ( 1 )

オイル・ツナ

こんばんは。

今日のジョギングは時間がなかったので、3km。
早起きできなかったのです...
もうちょっと走りたかった〜
きのうは東京で桜が開花したとニュースで言っていたけれど、
わが家の近所では、まだかな。
ようやくつぼみが膨らんで、この陽気が続けば週末には咲き出しそうです。


さてさて、今日は保存食?を作ってみました。
こないだスーパーで、
マグロの切れ端、血合いの部分が安く売っていたので、
なんとなく買ってみました。
調理方法なんか、ほとんど考えてなかったのに、勢いで。  へへ。
ん〜、何にしよう??
そこで、ピーンと閃いたのがオイル漬け。
前に、はるひちゃんオイルサーディンを作っていたのを思い出したの。
で、ちょこっと分量を変えて作ってみました。

f0235919_23102459.jpg

*オイル・ツナ

<材料>
 ・マグロ血合い      500g
 ◉塩           大さじ1と1/2
 ◉水           500cc
 ・スライスにんにく    3片分
 ・鷹の爪         3本
 ・ローリエ        3枚
 ・塩           小さじ1
 ・オリーブオイル     大さじ6
 ・水           400cc

<作り方>
 1.マグロの両面に大さじ1くらいの塩を振って10分ほどおき、出てきた水分を
   キッチンペーパーで拭き取る。
   そのあと、◉を混ぜ合わせた塩水に1時間ほど漬け込む。

 2.漬け込んだマグロの水分を軽く拭き取ったら、オリーブオイルを敷いた圧力鍋
   に並べ入れる。その上にスライスしたにんにく・鷹の爪・ローリエを置き、水
   を注いで塩をまんべんなく振る。

 3.蓋をして火にかけ、ピンが上がったら弱火にして高圧で15分加圧したら、火を
   消し自然に減圧させる。
   煮沸消毒したビンにマグロ・にんにく・鷹の爪・ローリエを入れ、EVオリーブ
   オイルをかぶるように注ぎ入れる。


筋スジの部分も入っていたから、圧力鍋で調理しましたよ。
血合いなので、これでもやや生臭い?かな。
おいしくできたんですけどね。
どうだろう?
もうちょっとハーブをたっぷり入れてもよかったかも。

とりあえず、このままお野菜と酒のつまみで食べました。
明日、ランチパスタで使う予定。
どんな風になるかは、乞うご期待!  笑


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今日はね、自然化粧品のJurliqueで、
久しぶりにFACE & BODY トリートメントをしてもらいました。

わが家からスープの冷めない距離にあるショップです。   笑
基礎化粧品はもうずーっとここのを使っています。
でも、トリートメントをしてもらうのは、かなり久しぶり。
私の諸事情で、遠ざかってたの...

定休日を返上して営業してたのは、今回の震災の支援募金のため。
先週と今週の定休日の売り上げは、全額を募金するんだそうです。
それを知って、急遽予約を入れたのでした。

トリートメントは、気持ちよかったです。
お肌もつるつるよ〜〜
やっぱり人の手でお手入れしてもらうのって、いいですね。
気分もアガル。
お肌のため&オンナっぷりをあげるためにも、
またトリートメントに通えるよう、がんばるわ〜

こうして、チャリティーをしているお店、多いですね。
とても好感が持てます。
なにかしたい!って思うのは、みんな一緒なんだな〜
私たちはそれに協力するカタチでの関わり方だけれど、
それでもよいのでは?と思います。

スタッフの方々と、
商品を気に入って通っていたショップだけれど、
ますます好きになった!

これからも末永〜くおつきあいしたいショップです。









日本赤十字社への東日本大震災義援金の募金はこちら☆














遊びにきてくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加中。
励みになりますので、ポチッと、よろしくです!






足あとも残してもらえると、とってもウレシイです♪


にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村



今日も最後までおつき合いくださって、ありがとうございます!
コメント、楽しみにしています♪
ブログをお持ちでない方は、このコメント欄にてお返事しますね。
ブログをお持ちの方は、そちらへお邪魔してお返事させてください。

ぜひ、ひとことよろしく!
by fumie660823 | 2011-03-29 23:59 | 魚介料理 | Comments(8)

食べること、飲むこと、作ること大好き!   ココロとカラダが喜ぶ ごはんめざして、   日々奮闘中♪       そんなわたしの  日々のできごと。


by fumie